PROJECT06
防災風水害時の人流・SNS分析によるリアルタイム防災マップシミュレーション
プロジェクト概要
  • 羽田湾岸エリア等において、災害情報及び人流情報やSNS情報等を活用して、風水害時の災害発生個所を迂回したルート情報をシミュレーションし、通行可能性の高い物資搬送ルートや避難ルートを提示する。
    • 活用するデータ(例)

      行政提供データ:冠水情報、不通情報、避難場所情報

      民間提供データ:経路情報、人流データ、Twitterデータ

    • ルート提示のイメージ
    • pj
目指すゴール
  • シミュレーションの結果として提示するルート情報について、配送業者や小売業者、被災者等の想定利用者へヒアリングを実施し、その有効性を検証する。
  • 配送業者や小売業者、被災者等が、災害リスクを回避する行動をいち早く取れるよう促すことを目指す。
プロジェクト実施者(プロジェクト実施代表者は下線)
pj
日本電気株式会社
pj
株式会社セブン‐イレブン・ジャパン
pj
株式会社日通総合研究所
pj
株式会社Agoop
pj
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
進捗状況

実証エリアを最終確定しました。

実証の対象期間の台風被害状況等を勘案し、実証エリアを最終確定しました。物資搬送ルート及び避難ルートのそれぞれについて、下記のエリアにて実証を行います。
物資搬送ルート:大田区、世田谷区、練馬区、品川区
避難ルート:大田区、世田谷区

災害発生個所を迂回したルート情報をシミュレーションしています。

人流データやTwitterデータ等を利用し、風水害時の災害発生個所を迂回したルート情報をシミュレーションします。
通行実績を考慮することで、通行可能性の高い物資搬送ルートや避難ルートの提示を行います。